HOME > 会社情報 > 社長挨拶

社長挨拶

総合力と現場力を活かしたワンストップ型サービスの提供 綜通グループ代表 堀越秀一

Customer First !  /  お客様一番主義

平素より私ども綜通グループを御引立て頂き、誠に有難うございます。
綜通グループは、1941年に旧東京銀行の前身である、横浜正金銀行の関連会社として設立された旭不動産有限会社(現 綜通株式会社)を中心に、内外建設株式会社、綜通アメニティサービス株式会社とともに、現在も、三菱UFJ銀行、MUFGグループと緊密な関係を保っている企業グループです。
「Customer First!/お客様一番主義」を経営理念に、不動産事業の実績とノウハウを基盤とし、永年にわたって育まれた信用・信頼の下で、多岐にわたる領域をグループ各社一丸となってカバーしています。
具体的には、オフィスの賃貸、国内不動産の仲介、オフィス移転のプロジェクトマネジメント、内装・外装工事、ビル新築工事、ビルの警備・管理・清掃、介護施設管理、ブランドブティックメンテナンス、オフィス周りの各種サービス、そして、海外不動産の売買サポートから外国人社員の受入サポート業務まで、お客様のニーズに合わせたサービスを提供できることが、綜通グループの最大の強みです。

繋ぐ、深める、拡げる ?三つのキーワード

この三つは、これまで私自身が様々な国や地域で、新しい業務にチャレンジする際に常に心がけてきたキーワードです。
綜通グループがこれまで実現してきた「伝統と改革のコラボレーション」、時代とともに大きく変化する環境に則して、残すべき良いものを残しつつ、常に変化していく努力を、確りと「繋いで」いくこと。
お客様のニーズを最優先に考え、グループの総合力と現場力を活かしたワンストップ型のサービスを提供することにより、お客様から私どもへの信頼を日々「深めて」頂き、お客様にとって欠かすことのできない存在となること。
そして、お客様から常に一番にご相談頂き、ご満足頂くために、グループの総力をあげて、ご提供できるサービスを「拡げて」いくチャレンジを続けること。
繋ぐ、深める、拡げる ~ これらを通じた新しい付加価値の創造により、私たち綜通グループは持続的成長を実現して参ります。
オフィスをはじめとする不動産関連でお困りのことがあれば、何なりとご相談下さい。
あらゆるニーズにお応えしてまいります!
どうぞ変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。